疲れが取れない悩み

春は寝ても疲れが取れないのは春バテが原因!自律神経を整えよう!

「春になってから寝ても疲れが全然取れない…」
「急に疲れやすくなった」

春になってから体調不良を感じる方は多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、自律神経の乱れによる春バテが原因です。

具体的には、夜に交感神経が活発になることで眠りが浅くなり、疲れが十分に取れないまま朝を迎えてしまう事になります。

この記事では、春バテに悩む方のために春バテの原因と自律神経を整えて解決する方法を分かりやすく紹介。

自律神経を整えることで「寝ても疲れが取れない、、、」という悩みにオサラバできる理由も解説していきます!

「ぐっすり眠れない」
「睡眠が浅い」

睡眠の悩みをお持ちの方は本当に多いです。

そこで僕が、数多くある睡眠サプリの中から本当におすすめできるサプリを5つに絞りました。

この記事を読めば、「どれがいいのかな?」と自分で調べる手間を一気に省くことができますよ。

「熟睡したい!」
「さわやかな朝を迎えたい!」

そんな望みを叶えるたい方はぜひ見てみてくださいね。

睡眠の質を上げる睡眠サプリランキングTOP5!

春の不調の原因は「春バテ」

春になるとなんか調子が悪い…

そう感じている方は以外にも多いです。

女性の健康力向上させる情報を発信している「ウェルラボ」が首都圏の20歳~59歳の男女821名を対象にインターネット調査を行ったところ、なんと7割もの方が春になると身体面の不調を感じているというデータが出ています。

春に不調を感じる人の割合
引用元:ウェルラボ

春の体調不良の原因は、ズバリ「春バテ」です。

”寝ても疲れが取れない”と感じている方は春バテの可能性が高いと言えます。

さらに、下記の症状に一つでも当てはまれば春バテの可能性が更に高まるでしょう。

  • だるい
  • イライラする
  • 目覚めが悪い
  • 気分が落ち込む

春は自律神経のバランスが乱れる原因が多い

「でも、なんで春に調子が悪くなってしまうの?」

春バテが起こる理由を説明するには、体調不良が起こる原因からお話しする必要があります。

「自律神経」という言葉を一度は聞いたことがある方は多いと思います。

自律神経を簡単に説明すると、、、

「自分の意志で動かせない血管や内臓などの働きをコントロールしてくれている神経」

知っている方も多いと思いますが、自律神経には2種類あって「交感神経」と「副交感神経」に分かれています。

ザクッと説明するとこうです。

交感神経 体を活発にしたり、緊張させる作用。
日中優位に活動する。
副交感神経 体をリラックスさせる作用。
夜に優位に活動する。

この2つの自律神経が働くバランスが乱れると体調不良が起こってしまいます。

例えば、日中活動しないといけない時に副交感神経が優位になったり、寝ないといけない時間帯に交感神経が活発になるということです。

そして自律神経は非常にデリケートなものでして、ストレスを感じたり気温が上がったりするだけで乱れてしまいます。

春バテが起こってしまうのは、自律神経が乱れる原因となる”ストレス”の要素が非常に多いからなんですね。

春に感じるストレスや挙げてみるとこんなにあります。

  • 新しい環境での生活や人間関係
  • 花粉症などの身体的ストレス
  • 寒暖差
  • 気圧差

これらのストレスが重なって、春バテになってしまいます。

冒頭でも書きましたが、寝ても疲れが取れないのは、夜に交感神経が活発になって眠りが浅くなることが原因です。

自律神経が乱れることで、普通なら夜は活動しない交感神経が優位になってしまっています。

春バテをそのままにすると病気につながる恐れアリ

「春バテという名前がついているぐらいだし、時間が経てば治るんじゃないの?」

そう思っている方、かなり危険です。

自律神経が乱れたままになると”命に関わる病気”につながることはご存知でしょうか?

自律神経が乱れることで体に不調が出る主な原因は”血の巡りの悪さ”です。

血の巡りが悪くなると、頭痛やだるさ、疲れやすさを感じやすくなります。

また、免疫力も下がってしまうので風邪や感染症にかかるリスクも増大。

順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏は、著書『眠れなくなるほど面白い 自律神経の話』で、将来的に下記の3つの重大な病気にかかる可能性がある事を述べています。

  • 動脈硬化
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞

3つとも命に関わる重大な病気ですね、、、。

自律神経の乱れは思っている以上にリスクが高いようです。

睡眠の質を上げれば自律神経のバランスが整う!

今アナタは自律神経が乱れているせいで、夜に交感神経が活発になっています。

眠りが浅くなることによって、さらに交感神経が活発になってしまうという悪循環です。

その流れを断ち切るには、睡眠の質を高めて深く眠ることがポイントになってきます。

睡眠の質を高めることで副交感神経を活発にし、自律神経のバランスを整えることが可能です。

「でも、どうやって睡眠の質を高めればいいの?」

ネットで睡眠の質を高める方法を調べると、本当に様々な方法が出てきます。

具体例を挙げると、

  • 夕食は8時までに食べる
  • 39度~40度のお湯に15分以上浸かる
  • 寝る1時間前にはスマホやパソコンを見ない

このように睡眠前の習慣を変えることで睡眠の質を上げる方法が見つかると思います。

でも、習慣を変えるのって中々難しくありませんか?

僕も寝付きが悪い時に実践してみましたが、3日坊主で終わることがほとんどでした…。

「もっと簡単な方法はないかな?」といろいろ探していた時に見つけたのが、睡眠サプリです。

サプリなら1日に1回飲むだけでいいので、簡単に続けることができます。

実際僕は「ぐっすりずむ」というサプリを試してみたのですが、3日目には効果を実感し、ぐっすり眠れてスッキリ目覚めることができました。

睡眠サプリを調べたり試す過程で、本当に効果のある睡眠サプリが分かったので、ランキング形式でまとめています。

ぐっすり眠りたい!春バテを治したい!と思う方はぜひ見てみて下さいね。

アナタの睡眠を変える睡眠サプリランキングはこちら